男性型脱毛症 診断ガイドライン ランクC・Dの治療法

投稿日:

基準のAやBより低いランクは Bランクより下になるのが、C1です。

「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」ものがここに分類されます。
C1ランクの治療方法に
「サイトプリン・ペンタデカン外用」
「塩化カルプロニウム外用」
「アデノシン外用」などがあります。

C1ランクよりさらにもうl段階下がるのがC2ランクです。
「根拠がないので勧められない」もので、
治療方法としては「セファランチン外用」などが含まれます。

C2ランクより効果や安全度がさらに低いものは
・・・一番下のDランクに分類されているのです。

「行わないよう勧められる」ものとされますが、実際には行ってはならない治療と言えるでしょう。

このランクに分類されている治療方法としては、
「人工毛による植毛」があります。 人口毛はうまくつかない事が多くの実験で証明されているようです。

「フィナステリド内服」は男性に関しては一般的でおススメできるのですが・・・
女性の治療方法としてはこのDランクに属しておりおススメできないという事になります。

-未分類, 男性型脱毛症 診断ガイドライン

Copyright© 北九州のAGA薄毛治療 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.