薄毛の分類

投稿日:

引用:Norwood O T. South Med J 1975; 68(11): 1359-1365より

薄毛の分類

ほとんどの薄毛治療、分類に使用される画像です。

一般的には Ⅳ 以上になると薬の効果は低下している傾向が報告書されているようです。

ただ個人差は間違いなくありますし、気分的な因子、心的因子が関与しているのは 経験的には明らかなので、すぐにあきらめる必要はありません。

自分も薄毛で治療中ですが、 自分は 本当は禿(はげ)になったらボウズにして ジダン(昔のサッカーフランス代表 かっこいいハゲの方)みたいにはげたいな~と真面目に思っていました。

そこまで髪に執着しても どうにもならない と思っていたからです。

・・・でもたまたま使用していた薬がなぜか 薄毛にものすごくよく効いて だんだん薄毛が治ってきました。
そのため、多くの方がかなり真剣に悩んでいるのはわかっていましたので、自分が実験台になって安全そのたを試してみよう・・・と思ったのがキッカケです。

今の治療でお困りで、使用できるなら 新しい薬を試してみることはかなり、意味があります。
仮に髪の方はうまくいかなくても、それ以外の問題を絡めると飲んでみて意味はあると思います。
この点はいずれ一般の医師、一般の方にもだんだん知れ渡ると思いますが (この薬 アンチエイジングのため抗加齢医学会の医師はかなりの方が飲んでいます) 飲める方にはとても重要な薬になります。

 

-未分類, 薄毛の分類

Copyright© 北九州のAGA薄毛治療 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.