アンチエイジングを兼ねた薄毛治療を行います

薄毛の分類

引用:Norwood O T. South Med J 1975; 68(11): 1359-1365より

上記はハゲ (漢字では 禿 と書きます) の分類です。

勃起不全の薬が血管内皮細胞を活性化する事が知られています。

アンチエイジングにとても有効な薬・・・という事は知る人ぞ知る・・・事なのです。

特に泌尿器の医師を初め、抗加齢学会(アンチエイジング)の医師は自分で
飲んでいる場合がかなりあります。 自分もじつは飲んでいます。
ただし、保険適応はありませんので・・・当然自費です。

ところで、自分も髪の毛がだんだん細く、薄くなって、生え際が上がって
きていたのですが、・・・アンチエイジングで飲んだ薬の効果のようで髪が
だんだん太くなって、抜けていた毛穴から産毛がでてきて・・・さらに
だんだん太くなって髪全体のボリュームがアップしてきてしましました。

きてしまいました・・・というのは予想外だったからです。

初めは、潔くあきらめてどんな短髪にしようかな? なんて思って
いたのですが・・・なぜか髪が生えてきてしまった・・・という感じです。

この薬を使用する前に一般の方 (自分で薬を入手できる方以外)
はまず正式に認可された薬を使用する方がよいと思います。

プロペシア

ザガーロ  などが今はあります。

ミノキシジルの外用は保険ではありませんが、正式に認可されています。

これらを使用してみるのが一番簡単だと思います。

プロペシアで改善が不十分な場合に今回ご提案する方法は検討する価値があります。

コメントは受け付けていません。